勝敗の確率が2分の1のゲームに有効。


オンラインカジノで言えばルーレットの赤黒やバカラや
ブラックジャックなどに応用が効くと思います。
勝利が○で負けが×だ。
勝率が50%になった時点でワンクール終了だ。
つまり”○”と”×”の個数が同じになったら1セット終了という事だ。
まず最初に100円を賭けたとする。(×)が出たので-100円だ。
1回×-100円
2回目も100円を賭けます。また裏(×)が出たので合計で-200円になりました。
1回×-100円
2回×-100円
そして2回連続裏(×)が出た場合は、最初に賭けた金額のここから2倍を3回目に賭けます。
つまり3回目は200円を掛けることになります。
また裏(×)が出たので合計で-400円となりました。
1回×-100円 ここの2倍
2回×-100円
3回×-200円
前回がはずれた為、4回目はもう一度おんなじ部分の金額の2倍を賭けます。
今度は表(○)が出たので合計で-200円になりました。
1回×-100円 ここの2倍
2回×-100円
3回×-200円
4回○+200円
前回表(○)が出たので、5回目は先ほど2倍していた位置から1つ下に飛びた
位置を2倍して賭けます。
裏(×)が出たので合計で-400円となりました。
1回×-100円
2回×-100円 ここの2倍
3回×-200円
4回○+200円
5回×-200円
前回は裏(×)が出たので、6回目は先程とおんなじ位置を2倍して賭けます。
裏(×)が出たので合計で-600円となりました。
1回×-100円
2回×-100円 ここの2倍
3回×-200円
4回○+200円
5回×-200円
6回×-200円
前回は裏(×)が出たので、7回目もおんなじ位置を2倍して賭けます。
(○)が出たので合計で-400円となりました。
1回×-100円
2回×-100円 ここの2倍
3回×-200円
4回○+200円
5回×-200円
6回×-200円
7回○+200円
前回が(○)だったので、8回目は先ほど2倍していた位置から
1つ下に飛びた位置を2倍して賭けますので400円賭けます。
また(○)が出たので合計でプラスマイナス0円となりました。
1回×-100円
2回×-100円
3回×-200円 ここの2倍
4回○+200円
5回×-200円
6回×-200円
7回○+200円
8回○+400円
この時点で3勝5敗で負け越していますが、+-0円だ。
これでも何か強いと思いませんか?
前回が(○)だったので、9回目は先ほど2倍していた位置から
1つ下に逸れた位置を2倍して賭けます。
またまた(○)が出たので合計で+400円となりました。
1回×-100円
2回×-100円
3回×-200円
4回○+200円 ここの2倍
5回×-200円
6回×-200円
7回○+200円
8回○+400円
9回○+400円
前回が表(○)だったので、10回目は先ほど2倍していた位置から
1つ下に飛びた位置を2倍して賭けます。
次も(○)が出たので合計で+800円となりました。
1回×-100円
2回×-100円
3回×-200円
4回○+200円
5回×-200円  ここの2倍
6回×-200円
7回○+200円
8回○+400円
9回○+400円
10回○+400円
10回目で表(○)と裏(×)の数が同じになったので、1セット終了となり、
結果は800円のプラスとなりました。
このようにウィナーズ投資法は、(○)と(×)の数が同じになった時には、
必ず掛け金がプラスになっているのです。
ウィナーズ投資法を取り扱うならこういうカジノがオススメ!
なぜオススメなの?
ウィナーズ投資法はバカラのような2分の1の確立で稼げるゲームに有効だ。
そこで、ワイルドジャングルカジノがおすすめだ。
ワイルドジャングル登録はここ
ワイルドジャングルカジノは、ライブバカラと言って、
現にディーラーをカメラに写しながらプレーできます。
なんでディーラーがカメラに写っていると良いのか?
と言いますと、事実上「イカサマ」ができないからだ。
ライブ映像は録画もできますし、世界中のプレーヤーが見ていますので、
「イカサマ」が難しいということだ。
実際オンラインカジノをプレイしたことがある人なら一度は経験
したことがあると思いますが、ライブゲーム以外で倍がけにすると
何故が取りこぼし易い現象だ。
だから、マーチンゲール法が通用しません。
ただ、ライブの場合は、ほとんど「イカサマ」は不可能なので、
通用しますが、ベット額の制限があります。
そこで、有効なのが、ウィナーズ投資法なのです。
ワイルドジャングル登録はここ