オンラインカジノは違法ではないんでしょうか?


ベストアンサーに選ばれた回答
オンラインカジノに関しての対応は、国によってさまざまだ。
しかし、基本的には2種類の対応に分けられます。
初めて、明確に禁止やる国としては、アメリカやドイツ、フランスなどだ。
それらの禁止国以外の国は、禁止とも合法ともどちらとも表明していない・・・というのが実情だ。
日本の場合は後者だ。
述べるようにオンラインカジノのサーバーがカジノ合法国にあるので、明確に禁止することもできないし、かといって受け入れることもできない。
ほとんどの国がこういう立場です。法律の整備がインターネットの世界に追いついていないのでしょう。
将来的にはどうなるかわかりません。アメリカのように禁止になるのか。あるいはカジノ法案とともに合法となるのか。
ただ、こんなあいまいな状況なので、オンラインカジノをプレイしたからといって、即逮捕されたりということはないはずです。
ただし、銀行で勝ったお金を呼び覚ます時に「カジノで勝ったお金」と言ってはマズイので、これだけは覚えておいてください。
銀行としても、将来禁止になるかもしれないグレーなものに加担したという事実が後々居残るのはイヤだということらしいです。
それでもご心配なら、二度とプレイするのはやめたほうがいいでしょう。
でも、わかりますよ。私もそうですが、一度でもすごく勝った経験してしまうと、更にやめられないんですよね。
ギャンブル依存症の気持ちってわかりますよね。
サイトのほうでも、オンラインカジノのことしばし細かく解説していますので、よろしかったら願わくは。
解決日時:2010/1/9 10:07:11
以上Yahoo知恵袋からの引用だ。
ここで私の答え補足
アメリカの話になりますが、2006年に成立したオンラインギャンブル禁止法が
2011年12月に米司法省は、議会からの硬い圧力にこたえる形でギャンブル法案の解釈を修正し、
「オンラインギャンブルは可能です」という方針を打ち出した。
背景には保守的なブッシュ政権に変わってIT(情報技術)企業から多くの
支援を受けているオバマ政権が出来上がり、政府の態度が変質してきたことがいらっしゃる。
コロンビア州、ネバダ州、ニュージャージー州、アイオワ州が一斉に合法化に役立つ
準備を始めてあり、再び10の州が検討を始めていると言う。
あと、明確な法が日本に今の所乏しいのも事実だ。
なので、正確には合法でも違法でもないということになります。
日本も今後カジノ法案などでどうなるか注目しなければいけません。
あと、銀行の話がありましたが、本当にオンラインカジノの場合に
基本的に直接日本の銀行とオンラインカジノとの取引は、あんまり
しないと思います。
多くのオンラインカジノで使用行えるNETELLERなどを使えば、
クレジットカード→NETELLER→オンラインカジノ
オンラインカジノ→NETELLER→コンビニATM 郵便局ATM
などのお金の流れになってきます。
他にもwebanq(ウェバンク)やi-BANQなどもありますがその場合は
ジャパンネット銀行や楽天銀行→webanq(ウェバンク)やi-BANQ→オンラインカジノ
オンラインカジノ→webanq(ウェバンク)やi-BANQ→ジャパンネット銀行や楽天銀行
のような流れになりますので、銀行で勝ったお金を引きだす時に
「カジノで勝ったお金」と言ってはマズイというような状況には
ならないと思います。
少なくても私は大丈夫でした。