配当が2~3倍以上の場合に有効だ。
1.最初に張る最少の金額を決定する。


その金額に1倍、2倍、3倍したものの両外側を足した金額を
最初に賭けます。
例えば、 最初に賭ける最小の金額を$1と決めた場合、それを
1倍、2倍、3倍すると、$1、$2、$3となり、その両端を足すと
($1+$3)$4になるので、$4を賭けます。
-$4
2.負けた場合は、1倍、2倍、3倍、4倍というように4倍を加えて
  両外側を足した金額を賭けます。この場合は、$5になります。
-$4
-$5
3.さらに負けた場合は1倍、2倍、3倍、4倍、5倍というように
  5倍を加ます。
-$4
-$5
-$6
このように負けた場合は1倍、2倍、3倍、4倍、5倍、6倍・・・と
1倍ずつ増やしていきます。
-$4
-$5
-$6
-$7
4.勝った場合は、両外側から2個ずつ取ります。
  1倍、2倍、3倍、4倍、5倍、6倍、7倍の段階で勝ったなら
  両外側の1倍、2倍、6倍、7倍をとって、3倍、4倍、5倍になります。
-$4
-$5
-$6
-$7
$8賭けて勝ったので3倍配当で+$24
この時点で+$2
これをもとに両外側を足した金額を賭けます。
この場合は3倍と5倍を足して$8を賭けます。
-$4
-$5
-$6
-$7      ↓
+$24
+$24
5.次に勝った場合は3倍、4倍、5倍から両端の2個づつを取りたい
のですが、3個しか残っていないので、この時点で終了となります。
このように個数がなくなった場合や、個数が1個だけになった
場合は終了して最初から賭け付け足します。
(この時点で儲けが発生行なう)
+$26だ。
負けた場合は3倍、4倍、5倍、6倍というように6倍を加えて
繰り返します。
負けた場合
-$4
-$5
-$6
-$7      ↓
+$24
-$8
-$9
しばし続けて3倍4倍5倍6倍7倍で勝ちました。
-$4
-$5
-$6
-$7      ↓
+$24
-$8
-$9
$10賭けて3倍配当+$30
2勝6敗で+$15になります。
こういうモンテカルロ法は1回勝てば利益が持てるわけではなく、
トータルで考えて必ず利益を持てる方法だ。
ココモ式に比べて負けが続いても賭金は決して増えませんが、
ココモ法では1度勝てばそれまでの負けを全部取り返せますが、
モンテカルロ法では連敗した時の負け分を取り戻す為には、
負けに応じて何度も勝たなくてはなりません。
賭金があんまり伸び悩むのでココモ式に比べると少し安心かもしれません。
モンテカルロ法を扱うならこういうカジノがオススメ!
ワイルドジャングルカジノは、ライブバカラと言って、
真にディーラーをカメラに写しながらプレーできます。
何でディーラーがカメラに写っていると良いのか?
と言いますと、事実上「イカサマ」ができないからだ。
ライブ映像は録画もできますし、世界中のプレーヤーが見ていますので、
「イカサマ」が難しいということだ。
本当にオンラインカジノをプレイしたことがある人なら一度は経験
したことがあると思いますが、ライブゲーム以外で倍がけにすると
なぜが取りこぼし易い現象だ。
だから、マーチンゲール法が通用しません。
ただ、ライブの場合は、概して「イカサマ」は不可能なので、
通用しますが、ベット額の制限があります。
そこで、有効なのが、モンテカルロ法なのです。
ワイルドジャングル登録はここ